2011年09月13日

アメリカより

IMG_0778_re.jpg

先週からアメリカに来ています。前半はレンタカーでオレゴン州とワシントン州をうろうろ、後半はオレゴン州に滞在する予定です。暑い…
帰ってからだとなかなか書かないので、とりあえず節目の日に撮った1枚を。
アメリカはいろいろ大きくて(おおざっぱで)面白いです。軟水の土地も久しぶりだなあ。
posted by peck at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

メモ

小ネタはあれどたまるばかりです。
何書いたら面白がってもらえるかしら


・ドイツで自転車を買った
・ドイツで散髪
・ドイツのクリーニング屋さん
・古城街道&ロマンチック街道をうろつく
・発芽野菜を育てる
・水が微妙に硬い
・お米の話
・雨戸が壊れた
・ラードラーを自分で作りたい
・ドイツの賃貸、家具付き物件編
・転居案内を日本に送る(写真印刷の話)
posted by peck at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

XXXL

毎週のように届く家具屋さんのチラシにレストランの割引券が付いてくるので見に行ってみた。
家から15キロほどあるので運動のつもりで片道だけ自転車で、帰りはS-Bahnで帰ることにする。

XXXL Möbelhäuser

6階建てで、6階がレストランになっている。
20110716_02.jpg

パッと見の印象はドイツ版IKEA。でもオリジナル商品ではなくメーカー品が多くて値段も高め。
上の階にあるキッチンや家具コーナーはIKEAの値段を想像していると面食らう。
20110716_01.jpg
↑キッチンコーナーの展示。
別館?の若者向けコーナーはまだ手が届く。シーツやカーペットの品数が多かった。
そういえばドイツの家具屋さんって、大人向け(家を建てる人向け?)と若者(20代くらい)向けで値段やデザイン、売り場をきっぱり分けて売っている店が多い気がする。
ヨーロッパはどこもそうなんだろうか。

20110716_03.jpg
レストランのごはんはIKEAよりこっちの方が好み。。いや、思いっきりドイツ料理だけど。
ファミレスみたいなこういう紙のシート、こちらで初めて見たので思わず写真を撮ってしまう。
あちこちに値引きのポスターが貼ってある割にメニューとかには書いてなくてどきどきするけど会計したらちゃんと値引きされていた。
posted by peck at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

バーベキュー

4月終わりごろからドイツのバーベキューシーズン(Grillzeit)が始まります。
夫の職場の人たちのバーベキューに混ぜてもらいました。
皆がバカンスに入る前にやっちゃおうということらしい。
近所なので自転車で合流。

DSC_0111.jpg
こんな場所。園芸屋さんが横にあって、そこが管理してる様子。
サラダとケーキを各家庭で分担して持ち寄る。職場内にベジタリアンが何人かいるので、そのためもあるらしい。(結局その日はnoベジタリアンだったけど)
全員で20人ぐらい。たいてい家族か彼女連れ。

DSC_0114.jpg
こういうのが広場の真ん中に一つ吊ってあった。
普段はもっと上に吊るされて施錠されているので勝手にバーベキューできないようになっている。
火起こしや焼き加減のチェックはグリルマイスター(鍋奉行的な人)の仕事。
着火剤とバーベキュー用の炭、その辺にある松の枯れ枝で火を起こす。

DSC_0117.jpg
網が網なので直接は乗せず、アルミホイルの上に乗せる。
肉屋さんで注文しといた肉とヴルスト、あとトウモロコシ。
※後日同じ場所で別件のBBQをした時には直接乗せてる人が結構いました。
※粉っぽくならないのかな(灰で

DSC_0120.jpg
あっという間に焼ける。焼けたら食べる。

DSC_0130.jpg
長ーいテーブルがあって、めいめい座って食べる。
飲み物はビール、ミネラルウォーター、ジュース。各種20本のケースが2つずつくらいあってグラスもあった。たぶん飲んだ分だけ払う仕組みなんだと思う。
あとパンとコーヒー、紅茶用のお湯もあった。日は高いけど風が冷たいので温かいコーヒーは美味しい。お腹が膨れたらボール蹴ったり投げたりして遊ぶ。火が小さくなってきたら子供たちがその辺の枝でマシュマロを焼いたり枝や松ぼっくりで火遊びし始める。
皿やカトラリーは使い捨て。洗い物もなくて片づけは大変早い。
15時開始で19時過ぎに〆。

夫は職場(の部署内)では初めてのアジア人。
ドイツ人でない人も結構いたのであまり引かれることもなく、夫の同僚の人たちや奥さんたちともお話しできました。正直不安だったので嬉しかった。
楽しかったー

おまけ
posted by peck at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

イースター

どこにいても時間は流れます。
ドイツはサマータイムが始まって約1ヶ月経ちました。
日没までの時間がどんどん長くなって、今では夜19時半を過ぎてようやく夕焼け。
時計見てないと本当に時間の感覚がおかしくなるわ…

そして今はイースター。これは街でやってたイベントの様子↓
IMG_1018_re.jpg

イースターの主役のにわとり。卵やウサギにカエルの置物やグッズもたくさん出回っていて、それでみんな家を飾り付けます。みんなやってるわけでもないだろうと思っていたら、どこの家も何かしか飾り付けててびびった。
IMG_1003_re.jpg

メインの見せ物になったはずの巨大タマゴ、壊れちゃいましたごめんなさいの垂れ幕。
(というネタなのかも、確認してない)
IMG_1017_re.jpg

イースターのときに食べるお菓子もいろいろ。これはイースターラムというケーキ。
パン屋さんやお菓子屋さんでも売ってるし自分で作る人も多い。名前を見るまで牛だと思ってたけど、言われてみると確かに羊だ。味はとっても甘い鈴カステラ!美味しいけどカロリーがね。
IMG_1019_re.jpg

イースターが終わったら昇天祭、聖霊降臨祭、それからバカンスシーズンへ。
そのたびにみんな休みになるらしい。
posted by peck at 06:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

その日

朝起きてすぐ、日本のニュースサイトで地震のニュースを知りました。
まだ地震直後で情報が混乱していて、事実かどうかもわからないまま学校へ。
クラスメイトに「日本でひどい津波があったね」と言われました。
「地震のニュースは知ってるけど、私には何がどうなったかわからないんだ」というと、彼女は笑って「私の国と同じだよ、大丈夫」と言いました。
励まされていたと理解したのは、言われてから数時間してからでした。
彼女はニュージーランド出身でした。

日独の時差は約8時間ですが、海外のニュース番組には発生からほとんど時間をおかずに地震と津波の映像が流れたようです。私はそれを、学校帰りのショッピングセンターに設置されたテレビで見ました。
頭が真っ白になったまま家に帰って、友人や元職場の人にメールを送っていました。
後から考えたら相当迷惑なことをしたと思いますがほとんどの人と連絡がつきました。
電源もなかなか取れない中だろうに、連絡をくれてありがとう。
それから来独中で今週末帰国予定の知り合いに電話をかけて連絡先を交換、日本の家族とも連絡完了。日本の各テレビ局のストリーミング映像と、CNNやeuronewsをずっと見続けて今に至ります。

次の日スーパーでみたドイツの新聞は、タブロイド紙から地方紙まで、すべて一面で津波のことを報じていました。郵便受けに投げ込まれる無料の日曜版も同じでした。

いま私にできるのは、義援金を送って、少しでも犠牲者が少ないことを祈るくらいです。
ついこの間まで暮らしていた場所、思い出のある場所の多くが失われたことが今でも信じられません。
posted by peck at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

こんなものを食べてます

イモもWurstもよく食べるけど、それだけ食べてるわけではないです。

ゲストハウスでの仮暮らし中によく作ってた煮込み。サラダ米やスパッツェル(南ドイツの伝統的なたべもの。団子のような、パスタのような)と一緒に食べる。煮込みの味付けはマギーの調味料で。
マギー様様です。
IMG_0758_re.jpg

Vhsの目の前にあるパン屋さん。市内に4か所ほどお店をもってて、いつもにぎわってる。
こっちに来てからパンを買ったお店では一番気に入ってます。
この写真は日本から持ってきたケータイで撮ったんだけど、やはり目立つらしく見知らぬドイツ人に「それは日本のケータイだよね、君は日本から来たの?」などと声をかけられて冷や汗をかきました。気を付けないと。。
その人は日本で暮らしたことのある人で、独+英+日本語を混ぜつつ世間話をしてきました。
F1000410_re.JPG

F1000411_re.JPG

右のパンはレーズン入りで、ほんのり甘くて柔らかい。
IMG_0774_re.jpg

火曜日はシュニッツェルの日。象の耳くらいありますよ!(適当訳)
F1000413_re.JPG
仮住まいしてたゲストハウスの近くにあったレストラン。一回食べに行きたい。

大体1切れ2.6〜3ユーロ。ドイツのチーズケーキはふわふわした生地。手前のケーキに挟んである煮込んだチェリーはかなり酸味があって、甘すぎない。私は一切れでおなか一杯になるけど、ドイツ人は食事+これ。
IMG_0776_re.jpg

街で見かける行列。
IMG_0769_re.jpg

あつあつのレバーケーゼとケチャップをパンに挟んでもらって、店の前で食べる。
IMG_0786_re.jpg
個人的なレバーケーゼの印象は、スパイシーな魚肉ソーセージ。ふわふわで大変美味しい。
同じようにして焼きWurstとかも買える。パンは要らなければ頼まない。
そうだ、レバーケーゼにはレバーもチーズも入ってないんだって。
posted by peck at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生やってます

渡航前に聞いたアドバイスで一番多かったのが、着いたらなるべく早く、着いた次の日からでも語学学校にいけ、でした。

というわけでVhsに通っています。
有名なGoethe Institutはお金もかかるし、電車(日本でいうと特急で1時間以上)通学や下宿は自分には厳しそうだったので早々に選択肢から外れました。Vhsは語学学校というよりは公立のカルチャースクールという感じでドイツ全土に学校があります。語学のほかにも、ヨガとか、料理教室とか、陶芸や絵画教室などなどいろんな教室を持っていて、イベントもやってる。
私はドイツ語未経験なので外国人向けの初級者コース(A1)から始めて、先週からA2に移ったところです。ある程度わかってる人だと最初にクラス分けのテストを受けて、どのクラスに通うかを判断してもらうようです。

教室風景。先生が話すのはドイツ語のみ。私が取ってるのは集中コース(Intensivkurs)で、授業は週5日、朝8時半〜昼12時半まで。基本的に8割の日数を出席していれば修了証をもらえるらしい。
休み時間は25分くらいあるけど、時間いっぱい授業があって宿題も多い。
F1000407_re.JPG

A1のクラスメイトは12人+私。ZDもしくはDTZを受験するために来てる人や、進学のために来てる人、ドイツで働くために語学を学びに来てる人などなど。背景も国籍もさまざまでした。
最初は5人だったのに毎日1〜2人人が増えて、終盤には教室いっぱいに生徒が詰まってる状態でしたがなかなか楽しかったです。
A2にそのまま進んだのは5人。ほかのメンバーは帰国したり別の学校に行ったり。
A2クラスは英語の流暢なクラスメイトが一気に増えて、自分が何を勉強しに行ってるのか時々わからなくなります(笑

宿題のお供にベルリナーを。
F1000408_re.JPG
posted by peck at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

フランクフルトへ(2)

Domを見に行こうとてくてく歩くうちに、蚤の市にぶつかる。
ドイツの蚤の市を見るのは初めてだったのでおっかなびっくり見て回る。
IMG_0888_re.jpg

服、布、靴、鞄、電化製品(パーツ含む)、本気でガラクタっぽいものまで。
IMG_0889_re.jpg

それからDomと対面。とにかく寒かったので、この後近くのカフェに飛び込んで暖をとりつつはがきを書く。
IMG_0891_re.jpg

街に戻ってマギーショップ詣で。いつもお世話になってます。
ここのお店はイートインメニューがあるんだけど、お湯入れてるだけだったらどうしよう。
IMG_0879_re.jpg

ゲーテハウス。時間なくて外観のみ。
手前にちらっと見えているガラス張りの部分が博物館だったかな。
IMG_0905_re.jpg
posted by peck at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランクフルトへ(1)

2月下旬にフランクフルトへ1泊旅行。

Alte OperでHR交響楽団のコンサートをみる。
IMG_0827_re.jpg

そのOpa前に乗り付けられたビアバイク。乗ってる人みんなでこいで進む。
観光なのか地元の人なのか、結構なスピードが出てた。
IMG_0831_re.jpg

フランクフルト駅。泊まったのが駅前のホテルで、周りはおっかなかったけどホテルのスタッフさんは日本人?ぽく、久しぶりに日本語の会話をした。
IMG_0850_re.jpg

欧州中央銀行。この青いユーロオブジェは夜になると光ります。
IMG_0865_re.jpg

古い町並みが残っている地域へ。これだけ見ると何かのセットみたいだよな。
IMG_0876_re.jpg

焚書があったんですよ、ということが書いてある(と思う
IMG_0879_re.jpg
posted by peck at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。