2011年12月01日

Weihnachtsmarkt

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットはドイツ一の規模らしい。
日本人もたくさん見た。

IMG_1195_re.jpg
駅から歩いてくと最初に見えるツリー

IMG_1196_re.jpg
このゲートをくぐる前にも屋台がたくさん出てる

IMG_1197_re.jpg
くぐったらこんな感じ

IMG_1199_re.jpg
役所前にあるツリー。後ろに見えてる役所の窓がアドベントカレンダーになってる

IMG_1201_re.jpg
くるみ割り人形

IMG_1202_re.jpg

IMG_1203_re.jpg

屋台の屋根の飾りも凝ってる。でも暗くてよく見えない。これは昼間見たほうがいいのかな。
せっかくだからと小さなサンタクロースの飾りを買うことにした。吊り下げてあった中から羊を背負ったのを選んだら、「それは飾りだからとっちゃだめ」と全然違うサンタに変えられた…くっ…
posted by peck at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

chocolART

Tübingen(トゥービンゲン)のチョコレート祭り(chocolART)に行きました。

シュトゥットガルトで乗り換えついでに昼ごはんを調達。
Weihnachtsmarktの屋台は昼と夜じゃ全然印象が違う。

IMG_1168_re.jpg
ジャム入りDampfnudeln、4.5ユーロ。バニラソースとシナモンシュガーをかけてもらった。芥子の実やチョコチップをかけてもらうこともできるし、ソースなしにしてもらうことも。
ソースがかかってないと見た目は巨大中華まん。生地はほんのり塩味が効いてて美味しい。中にジャムのないものもある。

IMG_1169_re.jpg
ドイツめしの定番、Kartoffelpuffer mit Apfelmus(ジャガイモパンケーキとりんごソース)。
4ユーロだったかな。冷凍じゃなくて、生の生地をその場で揚げながら成形してた。

それから1時間ほど電車に乗ってトゥービンゲン到着。
人の流れと看板を見ながら会場に行くとこんな感じだった。
IMG_1170_re.jpg

IMG_1171_re.jpg
フルーツのチョコがけに行列。美味しいよね…(買った
ホワイトチョコがけもあるよ。

IMG_1174_re.jpg
テントが並んでる場所は込んでいるけどちょっとそれれば落ち着いた感じ。
飾りは夜にライトアップされる。夜の眺めも素敵だろうと思う。

IMG_1176_re.jpg
豪快に試食させてくれるのがうれしい。(写真は試食風景じゃないね)このお祭りは子供向けの体験イベントがたくさん。写真を撮らなかったけどリッタースポーツチョコも出店してて、ショップには大人も行列を作ってた。

IMG_1179_re.jpg
ワインとかグミといった、チョコ以外のテントも結構ある。焼きヴルストも売ってて、甘いものを食べまくった人を誘惑する。

IMG_1178_re.jpg
そういえば今までホットチョコレートというものを飲んだことがなかった。普通のとホワイトを頼んだら、普通のは甘くないミルクココアと言う感じで飲みやすかった。ホワイトはバニラ入りでちょっと甘い。カップはPfand付きだったので記念に持ち帰る。チョコレートビールというのも売ってた。


IMG_1180_re.jpg

IMG_1182_re.jpg

IMG_1183_re.jpg

チョコの洋服。くるみ割り人形の上半身もチョコ服にしてあげればよかったのに。

IMG_1186_re.jpg

IMG_1189_re.jpg

IMG_1187_re.jpg

時間が経つにつれて人がますます増える。暗くなりきる前に帰りの電車に乗ってふたたびシュトゥットガルトへ。。
posted by peck at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

おはぎ

ドイツに来てから何度かおはぎを作りました。
日本にいる時よりよっぽど真面目にやってるかもしれない。

小豆ともち米はアジア食材店で買う。
小豆はともかくこのもち米、見た目が日本のになるべく近いのを選んで買ったもののほとんど粘り気が出ない。今度細長いもち米も買ってみるか。

今回は夫の職場に持っていくのであんこは中に入れて、外側にすりごまときなこをまぶすことにした。あんこむき出しだと見た目で引かれそうだし。形がまちまちなのは勘弁してもらって。

IMG_1139_re.jpg

すりごまは日本から持ってきてたのを使ったけど、きな粉は近所のスーパーの穀物コーナーに売ってたHuberMuelhe社が作ってる大豆の粉。250gで2ユーロ以下だったと思う。
IMG_1138_re.jpg
パッケージの裏にはパンのレシピが載っていたしよく品物が補充されているので需要があるみたい。
こっちの人はヨーロッパ的豆腐や大豆フレークみたいなのしか食べないと思っていたけど、意外だ。
※そしてメーカーのオンラインショップにはこの製品が載ってない。なぜだろう。。

夫同僚たちには好評だったようで一安心。
あんこについては、美味しいけど中身がわからず、あんこ=豆を甘く炊いたもの、と説明すると驚かれ、でもイケるねーと反応されたらしい。
posted by peck at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

ガチョウのまるやき


11月11日は聖マルティン祭の日。この日は伝統的にガチョウを食べるそうです。あとクリスマスも。
このころから街のレストランでもガチョウ料理が出てくるので、最近は外で食べる人も多いとか。
夫の職場の食堂でガチョウのもも肉ローストが出たので食べに行ったらえらく美味しくて(食堂は一般人も入れる)、一回焼いてみようかという話になりました。

今回は冷凍のガチョウを使いました。
冷凍のガチョウは詰め物入り、なし、いろいろあるけど今回はこんな↓
IMG_1091_re.jpg

IMG_1092_re.jpg
内臓と首が処理済で、ビニール袋にまとめられているものを選びました。約15ユーロ。
ちなみに、お肉屋さんで新鮮なのを頼んだら値段が3倍くらいになるはず。

大筋のレシピは一番シンプルそうなLiDLのを参考に。(ドイツ語)
皮をむいて芯を抜いたリンゴに砕いたナッツとバター、ハーブの詰め物をしたのをガチョウのおなかに入れて焼きます。ガチョウには塩とハーブをすりこんで。
※ここに書いてる手順は、上にあげたリンク先のレシピを正確に全て書いてるわけではありません。レシピに載ってないこともやってたりします。基本適当です…

IMG_1106_re.jpg
ミックスナッツ(殻つき)を割って砕いて詰め物を作る。

IMG_1113_re.jpg
ヒモで結わえて、天板にブイヨンとリンゴジュースを流してオーブンへ。
まずは低温で4時間(!)焼きます。備え付けのオーブンは奥と手前で火力が結構違うので、2時間ほどで向きを変えて。途中でブイヨンを肉に回しかけて、仕上げに高温で30分焼いて表面をパリッとさせます。肉の表面をフォークでつついて余分な脂を出すのがポイント(結構な量が出る)。あと、この時にソースに使うリンゴを細かく切って天板に入れておく。

IMG_1124_re.jpg
はい、焼けた〜

お肉を皿にどけたら、浮いてる脂を丁寧にすくって取り除く。この脂はすごくいい脂なので、取っといて別の料理に使う。
天板にたまったスープを裏ごして煮詰めてソースを作る。

IMG_1129_re.jpg
もも肉を外して盛り付け。
Rotkohl(赤キャベツを甘酸っぱくしたもの。肉料理に合う)とじゃがいものクヌーデルを添えるのが定番だけど、イモ部分はポテトサラダで。
お肉はもちろん、詰め物のリンゴとナッツに味がよく染みててたまらなく美味しかったです。
2人暮らしではさすがに1回では食べきれなかったので、結局全部食べきるのに2,3日かかったような。

1年に1回位はこういうことするのもいいかも。来年はどうしようかな。
ドイツはにわとりはもちろん、七面鳥、ガチョウ、アヒル、キジ、カモ、身近に料理に使えるとりにくがたくさんあって面白い。こうやって肉食民族になっていくのか…
posted by peck at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

記念日(3)


パリうろうろ3+4日目。続きを読む
posted by peck at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

記念日(2)


パリうろうろ2日目。

続きを読む
posted by peck at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

記念日(1)

夫の休みに合わせて行ったことなかったパリまでお出かけ、と思ったら結婚記念日にかぶっていたのでした。最近そんなんばかりな気がする。

とりあえず写真だけ。。。続きを読む
posted by peck at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

水炊き

寒くなったので鍋物が食べたくなりました。。
ドイツで買えるものだけで作る、簡単水炊きモドキ。

IMG_0897_re2.jpg

入れたものはこちら。珍しく、野菜は全部ドイツ産だった。
・白菜
・大根(なます用のスライサーでおろして入れる、実家でやってた)
・人参(ピーラーで薄くおろす、これも実家でやってた)
・太ねぎ
・ヒラタケ(細く裂いて入れる)
・鶏肉(腿から下の骨付き肉を適当に切り分け)
・〆用のインスタントラーメン

レシピはガッテン流で。これだと出汁のことをあまり考えなくていいのでうれしい。

これをおろしポン酢でいただきました。ポン酢はポッカレモンのレモンポン酢レシピで。
醤油はアジア食材店で買ったもの、みりんと日本酒は白ワインと砂糖で代用。

ちゃんと水炊きの味になって感動した…ブイヨンとは違う鶏ガラの出汁の味。
〆に使ったインスタントラーメンはなんか合わなかった。ラーメン単体だと何も思わないんだけど。
あと、食卓をリビングに置いているので、その後2日間ほど家の中がラーメン屋の臭いに…
換気が難しいんだよなー。
posted by peck at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

遠足

夫の出張中に、近くの町まで一人で出かけてみました。
一度行ってみたいと思ってた町でVerkaufsoffenen Sonntagがあったのでよい機会だと思ったのです。ドイツに来てから遠出は夫と一緒の時にしかしたことがなかったし。

ドイツの日曜はお店が休み、でも時々Verkaufsoffenen Sonntagがある。
この日は日曜でもお店が開いて、フリーマーケットや屋台が出ることもある。いつどこがやるかは町ごとにローテーションを組んでるみたい。

IMG_0876_re2.jpg

町を見渡せそうな場所があったのでとりあえず登ってみた。
IMG_0887_re.jpg

IMG_0881_re.jpg

少し進むと、遠くにブドウ畑が見えた。ここから先は墓地だったので先には進まず。
いい天気だったなあ。
IMG_0884_re.jpg


町の中心から少し外れると一気に家が古くなる。
路地が増えて、小さな斜面でヤギを飼ってたりする。
IMG_0889_re2.jpg

IMG_0893_re.jpg
花屋さんの店先にて。この時期は小菊の鉢がよく売られている。
日本人の目には仏花にしか見えなかったりするんだけど、菊の花束もよくある。

IMG_0894_re.jpg
もう一つ、花屋さんで見つけた。11月頭の万聖節に使うお墓用のアレンジメント。時期も似通ってるし、日本のお彼岸のようで面白い。

帰りに町の合気道サークルの人?が出してた屋台でケーキを買って、無事に遠足はおしまい。
posted by peck at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

Cannstatter Volksfest

秋が来たのでどこ行ってもビール祭り。
Oktoberfestと呼ぶのはミュンヘンだけだと思ってたら、勝手にそう名付けてやってるところもあるようで、初心者にはよくわからんです。
近場でやってる一番大きいビール祭りがシュトゥットガルトでやってるCannstatter Volksfestだったので、弾丸ツアー敢行。

たまたまとった宿が会場の目の前だった。行き方調べてなかったのでラッキー。

IMG_0838_re.jpg
会場の中は移動遊園地みたいなアトラクションと屋台がいっぱいで、その辺はいつものお祭りとあまり変わらない。違うのはFestzeltという小屋(でかい)があるところ。ブラウハウス別に建てるのかな?
事前予約のみ受け付ける小屋と、入口を分けてる小屋があったような気がする。
こんな感じで順番待ちをする。
IMG_0835_re.jpg
中はこんな。
IMG_0829_re.jpg

IMG_0830_re.jpg
お客さんはたいがい出来上がってしまっていて、並べられたテーブルやいすの上に立って歌い踊り飲んで食べる。席もあってないようなもので、ウェイトレスさんやウエイターさんを捕まえて注文して、立ち食い(飲み)してる人多数。こぼれたお酒と油でどこもべたべた。
素面で入った私たちはすっかり気圧されてしまったので一通り眺めてから脱出。
IMG_0832_re.jpg
絶叫マシンで回ってる人を眺めつつ、外でビールとHaehnchen(若鶏の丸焼き)をつまむ。
ビールは500mlで4〜4.5ユーロ。各ブラウがお祭り限定のドラフトビールを出してて、大体普通のやつよりきつめの印象。普通のも飲める。Pfand付きのジョッキもあったけど、ジョッキが間に合わなくてプラスチックコップばかりになってた。
ビール祭りといいつつ、ワインやシャンパン飲んでる人(特に女性)が多くて驚いた。

IMG_0840_re.jpg
日本人がお祭りで浴衣を着るように、こういう祭りでドイツの伝統衣装を着てくる人が結構いる。
老若男女あまり関係なし。会場でも売っていた。

IMG_0841_re.jpg

IMG_0856_re.jpg
夜はこんな。うーん、なかなか楽しかった。

さらに偶然
posted by peck at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。