2013年04月21日

ドイツでスプリントを作る(1)

Dr.Zを訪ねた後、スプリントを作るためにすぐDr.Hに予約を取った。
最初Dr.Bに連絡したところ「うちは矯正歯科だからスプリント作るのに健康保険使えないけど、一般歯科なら健康保険が使えるよ」とアドバイスされたのだ。
Dr.Hはダメって言ってたんだけどなあ…と思ったが、予約の時点で質問したら健康保険OKとの返事。違いがわからんけど、いいと言うならいいんだろう。

Dr.Hに経緯を説明する。Dr.HはDr.Bは知っていたがDr.Zの事は知らなかったので、病院でもらった資料(プロフィール付)のコピーを渡し、スプリントを作ってもらえるようお願いする。
「今使ってるスプリントを見せて」と言われたので見てもらう。2年間無調整で噛み砕きまくってる代物なので、当然ぼろぼろ。渋い顔をしてそれを眺めてから、下顎用のスプリントに変えたほうが良いと思う、と言われた。(理由も説明してもらったが速すぎて理解できず。。歯をカバーしきれていないとか、そういう内容だったと思う)
Dr.Zからも特に指示がなかったので構わないと答えたものの、下顎用にあまりいい印象がないので複雑な気分。

印象取得は歯科助手さんの担当らしかった。作業が始まるとDr.Hは退場。
型取りに使うトレイのサイズ合わせをするものの、全然入らない。日本でも子供用トレイだったしね。
ぎりぎり入るサイズで型取りする。ちなみに印象材はショッキングピンク蛍光イエロー。ピンク色は日本の記憶だな。
剥がした印象材を眺めていた歯科助手さんが申し訳なさそうに「大変だけど、、もう1回とりましょう」。
親不知の一部の印象をとりきれてなかったらしい。残念。
彼女の作業は2回ともとてもスムーズだった。前は吐きそうになったり実際吐いたりして大変だったんだけど、今回の彼女が上手だったのか、私が大人になったのか?
「今度は大丈夫!」とにっこりしてもらえて私も嬉しくなる。

最後に、出来上がり日の調整。病院が休暇に入る直後にこちらの一時帰国が入るため、急いでもらって1週間後に受け取れることになった。すぐに切り替えるのは無理だろうけど、1週間で仕上げてくれるのはありがたい。
日本だと出来上がりに半月→調整1カ月待ちとかあたりまえでしたよ…
ついでに受付でお支払いについて念押し。窓口での支払いは要らないわよ、安心して!とすっぱり。
この辺の流れが全然わからん。お医者さんが重症と判断すればよし、なのか、病名が付けばOKなのか。今の私に必要なものだから、必要なら払うつもりだったけどさ。
ほんと、一度誰かにじっくり説明してほしい。
posted by peck at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenBite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。