2011年03月14日

その日

朝起きてすぐ、日本のニュースサイトで地震のニュースを知りました。
まだ地震直後で情報が混乱していて、事実かどうかもわからないまま学校へ。
クラスメイトに「日本でひどい津波があったね」と言われました。
「地震のニュースは知ってるけど、私には何がどうなったかわからないんだ」というと、彼女は笑って「私の国と同じだよ、大丈夫」と言いました。
励まされていたと理解したのは、言われてから数時間してからでした。
彼女はニュージーランド出身でした。

日独の時差は約8時間ですが、海外のニュース番組には発生からほとんど時間をおかずに地震と津波の映像が流れたようです。私はそれを、学校帰りのショッピングセンターに設置されたテレビで見ました。
頭が真っ白になったまま家に帰って、友人や元職場の人にメールを送っていました。
後から考えたら相当迷惑なことをしたと思いますがほとんどの人と連絡がつきました。
電源もなかなか取れない中だろうに、連絡をくれてありがとう。
それから来独中で今週末帰国予定の知り合いに電話をかけて連絡先を交換、日本の家族とも連絡完了。日本の各テレビ局のストリーミング映像と、CNNやeuronewsをずっと見続けて今に至ります。

次の日スーパーでみたドイツの新聞は、タブロイド紙から地方紙まで、すべて一面で津波のことを報じていました。郵便受けに投げ込まれる無料の日曜版も同じでした。

いま私にできるのは、義援金を送って、少しでも犠牲者が少ないことを祈るくらいです。
ついこの間まで暮らしていた場所、思い出のある場所の多くが失われたことが今でも信じられません。
posted by peck at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

こんなものを食べてます

イモもWurstもよく食べるけど、それだけ食べてるわけではないです。

ゲストハウスでの仮暮らし中によく作ってた煮込み。サラダ米やスパッツェル(南ドイツの伝統的なたべもの。団子のような、パスタのような)と一緒に食べる。煮込みの味付けはマギーの調味料で。
マギー様様です。
IMG_0758_re.jpg

Vhsの目の前にあるパン屋さん。市内に4か所ほどお店をもってて、いつもにぎわってる。
こっちに来てからパンを買ったお店では一番気に入ってます。
この写真は日本から持ってきたケータイで撮ったんだけど、やはり目立つらしく見知らぬドイツ人に「それは日本のケータイだよね、君は日本から来たの?」などと声をかけられて冷や汗をかきました。気を付けないと。。
その人は日本で暮らしたことのある人で、独+英+日本語を混ぜつつ世間話をしてきました。
F1000410_re.JPG

F1000411_re.JPG

右のパンはレーズン入りで、ほんのり甘くて柔らかい。
IMG_0774_re.jpg

火曜日はシュニッツェルの日。象の耳くらいありますよ!(適当訳)
F1000413_re.JPG
仮住まいしてたゲストハウスの近くにあったレストラン。一回食べに行きたい。

大体1切れ2.6〜3ユーロ。ドイツのチーズケーキはふわふわした生地。手前のケーキに挟んである煮込んだチェリーはかなり酸味があって、甘すぎない。私は一切れでおなか一杯になるけど、ドイツ人は食事+これ。
IMG_0776_re.jpg

街で見かける行列。
IMG_0769_re.jpg

あつあつのレバーケーゼとケチャップをパンに挟んでもらって、店の前で食べる。
IMG_0786_re.jpg
個人的なレバーケーゼの印象は、スパイシーな魚肉ソーセージ。ふわふわで大変美味しい。
同じようにして焼きWurstとかも買える。パンは要らなければ頼まない。
そうだ、レバーケーゼにはレバーもチーズも入ってないんだって。
posted by peck at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生やってます

渡航前に聞いたアドバイスで一番多かったのが、着いたらなるべく早く、着いた次の日からでも語学学校にいけ、でした。

というわけでVhsに通っています。
有名なGoethe Institutはお金もかかるし、電車(日本でいうと特急で1時間以上)通学や下宿は自分には厳しそうだったので早々に選択肢から外れました。Vhsは語学学校というよりは公立のカルチャースクールという感じでドイツ全土に学校があります。語学のほかにも、ヨガとか、料理教室とか、陶芸や絵画教室などなどいろんな教室を持っていて、イベントもやってる。
私はドイツ語未経験なので外国人向けの初級者コース(A1)から始めて、先週からA2に移ったところです。ある程度わかってる人だと最初にクラス分けのテストを受けて、どのクラスに通うかを判断してもらうようです。

教室風景。先生が話すのはドイツ語のみ。私が取ってるのは集中コース(Intensivkurs)で、授業は週5日、朝8時半〜昼12時半まで。基本的に8割の日数を出席していれば修了証をもらえるらしい。
休み時間は25分くらいあるけど、時間いっぱい授業があって宿題も多い。
F1000407_re.JPG

A1のクラスメイトは12人+私。ZDもしくはDTZを受験するために来てる人や、進学のために来てる人、ドイツで働くために語学を学びに来てる人などなど。背景も国籍もさまざまでした。
最初は5人だったのに毎日1〜2人人が増えて、終盤には教室いっぱいに生徒が詰まってる状態でしたがなかなか楽しかったです。
A2にそのまま進んだのは5人。ほかのメンバーは帰国したり別の学校に行ったり。
A2クラスは英語の流暢なクラスメイトが一気に増えて、自分が何を勉強しに行ってるのか時々わからなくなります(笑

宿題のお供にベルリナーを。
F1000408_re.JPG
posted by peck at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。